コーネリアス×ユニクロ

昨日、真夜中のTVコマーシャルで新しいユニクロのシリーズ見ました。
商品よりも、音楽に「はっ」とさせられました。かっこいいい!!!!

春夏のポロシャツの「POLONOW」のTVCMで
映像の辻川幸一郎さんとコーネリアスが制作、毎度おなじみの最強タッグですね。
音と映像のシンクロ具合がたまらなくかっこよかったですよ。
新しいキャンペーンサイトできてましたので、CM見てない人は
お先にどうぞ!!↓

POLONOW website

トらやん知ってます?

六本木にジャイアント トらやんが現れました。
(六本木アートナイト)
体長7.2m、鉄のかたまり。
手をぶらぶら、体を動かしながらウインク。。。
続きを読む

ファミコンAV化作戦02

7月4日、今日はリベンジ。参考にしてたサイトは見るのをやめて、違うサイトを見つけました。

実験は成功しました。コントローラーの出てる場所とかおかしいけど、とりあえず映像と音声はRCA端子からでてくれました。でもちょっと、音声にノイズが入ってるのが気になります。

よしっと、オロナイン特製のバグカセット(基盤むき出し)でバグを作っていたら、煙がしゅしゅしゅうう

壊れたみたいです・・・(汗)
せっかくできたばっかりなのに
くやしいいいいいいいいい

ファミコンAV化作戦01

7月2日は、京都の電子工作のお店マルツーへ行き、旧ファミコンをアンテナの端子からRCAの端子にして、普通のテレビでも見れるように改造するための部品を買いに出かけました。
少々どのコンデンサとかの部品を買えばいいのか困ってしまったため、お店の眼鏡のお兄ちゃんに声をかけると、僕の買う部品を書いたメモを見るたび、

「ファミコンのAV化ですか?」

って、ばれてしまった。さすが電子部品のスペシャリスト!!マニアックスだ!!尊敬しました。

家に帰って、工作を開始。参考回路図のGND(グラウンド)が分からず、あきらめてしまいました。

くやしいので、ファミコンのカセットの箱を壊して、配線をでたらめにしても動くか実験しましたが、失敗!!電子工作に詳しくないため、何をしたら壊れるのかわかりません・・・

高橋匡太先生すげ

昨日、こんど大学でインスタレーションするメンバー何人かで、京都烏丸にある、COCON烏丸の「shin-bi」にいってきました。そこは、ギャラリー&雑貨のショップになっていて、奥のスペースで、flo+out(フロウト)の講演を見に行ってきました。フロウトとは映像、空間、音楽、身体表現などの表現がミックスされたイベントです。映像は大阪成蹊大学芸術学部に来て頂いてる高橋匡太先生と、音楽はダムタイプで有名な山中透さんでした。
フロウトの講演は一度、自分の大学で見た事があったのですが、とても良かったのでまた見にいくことにしました。
だいたいの構成は全開と同じだったのですが、新しい物がいくつかはいっていました。びっくりするところが間に一カ所あって、笑ってしまいました。笑っていいのか迷いましたが、確実に笑いますよ(;´Д`A “`

講演は京都では今日の三時とよるに二回、次の講演は東京になります。是非、興味のある方は行ってみてください。トランスします。気持ちよくなるんです。だから後半寝てしまった(;´Д`A “`

写真は山中さんにサインをもらったCDジャケット☆いいだろ

p.s.夜は友達の家で卒業した先輩たちや同学年の友達とわいわい夜中まで遊んだ。なんかとっても懐かしかった。あと大学生活が1年かと思うととても寂しいけど、悔いのないようにむちゃくちゃして過ごしたいな・・・

ナムジュン・パイクさん

メディアアートの父、ナムジュンパイクさんが亡くなりました。73歳だったそうです。アートを勉強している人なら誰でも知っているような有名なすごいでした。
ナムジュンパイクさんの作品を生で見た事はないのですが、この方と同じ方法で先輩方がビデオアートしたり(テレビモニターとビデオカメラをつなぎ、そのカメラでテレビを撮るとぐいーんてなる)、ぼくなんかは、磁石をテレビ画面に近づけて画面の画像を曲げたり色を変えたりして遊んだものです。

今回、作成している作品がパイクさんの作風に似ている事から、とてもこの方の作品について勉強している最中でした。
あと、1年しか僕には大学生活が残っていませんが、パイクさんが天国で「ぎゃふん」と言うような作品をつくってやろうと思います。

ペーパーテェアー展

2006年1月26日から2月18日まで大阪成蹊大学、長岡キャンパスで行われる『ペーパーチェアー展』のDMをデザインさせてもらいました。

どうですか?やはりクライアントがいると好き勝手にスくれるのではないので、難しかったです。満足のいくカッコイイ物ではあまりないけど、その展覧会に最適な物が作れたと思います。その点は自信作☆

展示内容は、一枚の紙を折って椅子を作るという企画の展覧会です。是非見に来てください。

原美術館&秋葉原&ラフォーレ原宿

二日目は、朝から原美術館いきました。
偶然に憧れの宮島達夫の作品を見る事ができてすごく感動、何度も何度も見ました。デスカウンター(?)最高!!!お土産に原美術館限定の名刺いれ買いましたー

昼からは秋葉原いきましたよ。
有名な秋月電子って店はみつけたけど、想像してたような変な格好の人はあまりみかけなかったし、メイド喫茶も見つからずにすぐ帰っちゃいました。 もえもえとか言いながら、バンダナして、紙袋持ってみたいな人は実際いないのかなあ なんか大阪のでんでんタウンと変わらんかった気がしたよ。

夕方から、ラフォーレ原宿にいってきました。そこでタナカカツキの展覧会やっていたんで行ってきました。精華大のあの変な気になるCM.あれって この人が作ってたんだね。なんか変なおっさんを横にいっぱい置いていったら、360度になっちゃいましたって、書いていました。なんか凄い事考えてそう で、なんも考えてなさそうな人でした。この人の作品は誰でも楽しめそうなものがいっぱいありましたよ。本のバカドリルとかうたばんの映像とかもやってるみ たいでした。

あとあと、貴和製作所ってビーズとか小物とかを売っているハイセンスな店見つけました。ちょっと前にLマガかそうえんに載ってたと思います。店の中はすっごくオシャレで、フライヤーもめっさオシャレで、HPもかっこ良いんだろうなと思って帰って見ると、すっごいダサイのhttp://www.kiwa-inc.co.jp/

ICC&六本木ヒルズ

22日の夜から深夜高速バスで東京に行ってきました。とても雪が凄い日で、高速道路は通行止めになっていて、一般道路も大渋滞。結局八時間バスに乗って、 彦根(京都と名古屋のほぼ真ん中)で引き返してきて、京都からもう一度、新幹線に乗り換えて東京に行きました。とてもつかれました。

それで1日目はICC(NTTインターコミュニケーション・センター)と六本木ヒルズにある森美術館に行ってきました。
ICCはもう無くなるかもしれないという事で、無くなる前に行かなきゃとこの旅行を計画した原因であります。科学技術と芸術文化のインターフェイ スとなる未来型文化施設というだけあって、とても面白かったです。展示はアート&テクノロジーの過去と未来展です。ICCは僕の夢みたいなところで、僕に とっての遊園地でした。岩井俊雄さんとクワクボリョウタさんの作品を見れた事が感動しました。写真はそのパンフレット。

http://www.ntticc.or.jp/

夕方には六本木ヒルズでヴィヴィアン・ウエストウッド展(ファッション)と杉本博司の時間の終わり(写真)を見てきました。杉本さんのほうは展示場所も贅沢な使い方だったし、写真も不思議な感じで嘘みたいにきれいだった。
ヒルズタワーは高かったよ。ビューんて感じでした。ここにライブドアの社長さんとかがいるわけですよ。僕はこんなとこより京都の方がいいなあとおもうんよ

http://www.mori.art.museum

ps.お昼に日本一の塩ラーメンをたべたけど、別においしくなかったよ

051226a051226b

憧れのメディアアーティスト

今日は京都精華大にあこがれのイワイトシオさんがいらっしゃるということなので、お昼から電車で遊びに行ってきました。
大学は広くて、キャンパスライフって感じがとてもしました。僕の大学はやっぱり、大学とは違う感じです。すこし、ここの学生がうらやましくなりました。

あこがれのイワイさんはとてもやさしそうな人で、子供の時の落書きから、最新のテノリオンという楽器までをおもしろ楽しく話してくれました。イワ イさんの作品で皆が知っていそうなのは、ニンテンドーDSのエレクトロプランクトンなんかかな??あとウゴウゴルーガとかにも制作に関わっているらしいで すよ。
有名な作家さんなので、雑誌やインターネットで情報は溢れていますが、今日の講義では、本人の説明も交えながら、しかも貴重な映像もたくさん拝見できて、とても良かったです。

お土産にがんばって手に入れた、サイン入りのフライヤーとシールを持って帰ってきましたので、写真を載せてみました。いいでしょ???(*´∇`*)

ぼくもはやく世界を一世風靡するような男にないたいとおもいました。

051125b051125a